あたためると関節痛は軽減する?

腰が痛いときなどは、あたためた方がいいと言われたことはありませんか。温湿布が普及しているように、関節痛や腰痛はあたためた方がいいのでしょうか。

一時的に痛みは軽減する

あたためると、一時的にではありますが、痛みを軽減できます。痛みを感じにくくすることができるからです。冷えが原因で腰痛が起こっている場合には、あたためると血液の流れが良くなり一時的に冷えを解消することができます。結果、冷えに伴って起きていた腰痛の症状も改善されます。

症状が良くなるわけではない

あたためることで、根本的に症状を改善できるわけではありません。痛みが軽減されるのは、あくまで一時的なものです。痛みをとるためには、痛みの直接的な原因となっているものを改善する必要があります。

冷えが原因の場合には、湿布などを使うだけでなく、あたたかい服装に変えたり、筋肉量を増やして新陳代謝を高めたりする必要があります。冷えを根本から改善することが求められます。

関節部分が炎症を起こしていたり、神経に問題をきたしていたりする場合には、自分では対処できません。痛みが強かったり、心配だったりする場合には、医療機関を受診してください。

関節が傷む場合、ただの関節痛ではなく、重大な病気が潜んでいることもあります。軽視してそのままにしておいたり、我慢したりするのではなく、治そうという気持ちが大切です。関節痛の症状が悪化すると、起き上ったり歩いたりができなくなってしまうこともあります。

あたためることも治療に上手に利用して

あたためても、痛みを根本から改善することはできません。ですが、一時的に痛みを和らげる効果があるので、治療や生活の中で上手に利用するといいです。

関連する記事