つき指の正しい対処法

つき指の対処法は人によって大きく違いませんか。色々な説がある中で、どのような手当てをしたらいいか、きちんと分かっていない人は意外と多いです。身近なケガでもあるので、正しい対処法を知っておきましょう。

自分でできる手当をする

つき指をして指が腫れるのは、関節内で内出血が起こるためです。あたためるのは、出血を促してしまうので間違いです。冷水や保冷材、令湿布などを用いて患部をしっかりと冷やしてください。

内出血が治まってからは、痛みを軽減するために、あたためることも有効です。内出血をとめるために、指を心臓よりも高い位置に持ち上げておくことも有効な手当てです。

つき指は靭帯が傷ついた状態なので、これ以上傷つけないよう、また治りを早めるためにも患部を固定することが大切です。包帯やテーピングを使ってください。指を引っ張るといいという説がひと昔前にありましたが、絶対に引っ張ってはいけません。靭帯をさらに傷つけてしまいます。

重症だと判断される場合は病院へ行く

指が変に曲がっていたり、おかしな方向に動いたり、腫れがひどかったり、まったく指を曲げられないなど動かすことができない場合いは、重症の可能性があります。骨折や、靭帯断裂が考えられるので、病院に行ってください。

自分で手当てをして1週間たっても症状が良くならない場合にも、そのつき指は重症だと考えられます。重症のまま放置すると、指が変な方向に曲がってしまったり、曲げにくくなったりと、後遺症が残ってしまうので、病院できちんと治療するようにしましょう。

ただしい手当を行う

身近なケガであるからこそ、手当てを行う機会が多いかもしれません。正しい手当の方法を知っておき、適切な処置を行ってください。

関連する記事