姿勢を良くすれば肩こりは治る?

肩こりはひどくなると、とてもつらいものです。首や肩の周辺が痛くて眠れなくなるケースもあります。冷えやストレスなど、原因は色々言われていますが、普段の姿勢も肩こりの原因をつくっています。あなたの姿勢は大丈夫ですか。

肩こりを引き起こす姿勢

パソコンなどデスクワークをする時間が長い人は肩こりになりやすいです。長時間同じ姿勢をとるために、首や肩に負担がかかってしまうからです。

猫背のように背中が曲がっていたり、首の後ろ側を縮めるような姿勢をとっていたり、歯をくいしばるなど顎に余計な力を入れていたり、同じものをじっと見続けたりと、首や肩に負担をかける姿勢があります。長時間デスクワークをする場合、気づかないまま長い間こうした姿勢をとりがちです。

肩こりになりにくい姿勢

長時間のデスクワークをする時には、できるだけ首や肩に負担がかからないような姿勢をとるようにしましょう。一般的に、「正しい姿勢」や「良い姿勢」と言われるものが負担の少ない姿勢です。

イスには深く腰掛け、脇を閉めて座り、作業をするようにしましょう。下腹部に力を入れて、背筋が伸びているのが理想です。腰から頭までがまっすぐになるようにします。

マウスやキーボードの位置が体から離れていると、姿勢が悪くなりやすいので、手作業するものは、できるだけ体の近くに置いて操作するようにしましょう。

作業する際に、肘をひじ掛けなどに置くことができると、なお楽です。ひじ掛けを利用する場合は、肘が90度に曲がるようにするといいです。

普段から、ちょっとした心がけを

姿勢を少し意識するだけで、首や肩への負担が減って、肩こりの症状を軽減できます。肩甲骨から肩を大きく回すようなストレッチを頻繁に取り入れることで、さらに肩こり予防が期待できます。

関連する記事